学習記録(小三)5月15日(水):わり算の二つの考え方

NO IMAGE

日々の学習記録
2018年5月15日(火)快晴
長男(小学3年生)
学習時間:55分

包含除という考え方

わり算には「等分除」と「包含除」という考え方があります。

この言葉を知っている必要はありませんが、考え方を理解しているかどうかはとても大切。

このブログでも別に記事をつくって解説しています。

算数ができる子に育てる:等分除と包含除

今日長男が取り組んだ問題は、包含除の理解がないとイメージしづらいものでした。

長男がつまずいた問題

これは四谷大塚の予習シリーズで最後に掲載されていた問題でした。ちょっと息子には難しいだろうと残しておいたのです。

しかし他にやることがなくなってきたので、試しにやらせてみました。案の定、大苦戦。

これが包含除に関わる問題でした。

問題は「3で割ると2余る数字がある。その数字を少ない方から順に並べていったときに、80は何番目になるか?」というものです。

たとえば、

(80-2)÷3=26

で、26番目というのがストレートな回答ですが、これを小学三年生がイメージできるかというと、なかなか難しいでしょう。

問題を簡単にして再挑戦

まず、余りがあるという部分で混乱しているようだったので、余りがない問題にアレンジしてみました。

「3で割ると割り切れる数字がある。その数字を少ない方から順に並べていったときに、90は何番目になるか?」としました。

「3で割り切れる数字で一番小さいのはなに?」

「6?」

「もっと小さい数があるよね」

「うーん、、、、、、。3?」

「そう。じゃあ二番目に小さい数字は?」

「6」

「三番目は?」

「9」

「四番目は?」

「12」

「どうやって考えた?」

「3×4」

「そうだね。じゃあ10番目は?」

「ええと、、、、30」

「じゃあ、90は何番目になる?」

「????」

包含除を考えさせる

この問題のポイントは、90の中に3がぎっしり詰め込まれているイメージを持てるかだと思います。長男にはまだそれが難しいようでした。

イメージしやすいように絵で書いてみます。

「6には3が2つ入るよね、これが2番め。9は3つ入るよね、これが4番目。、、、、90は30入るよね、だから30番目」

「全然わからない、、、、」

だんだん不機嫌になってくる長男。なんでわからないのか、とこちらも不機嫌になってくる父。いかんですね、、、、後で反省しました。算数に時間を取られて国語はなし。

じっくりやっていこう。

今日の学習内容

算数

「ジュニア予習シリーズ3年生5月 第13回(四谷大塚)」

p.5-p.10

学習記録カテゴリの最新記事