カフェで漢字の書き取り

カフェで漢字の書き取り

ここしばらく、長男はカフェで勉強をしています。

妻が見ていることが多いのですが、最近は私が付き添うこともあります。家ではつい喧嘩になってしまいますが、カフェなら落ち着いて話せるからです。

長男の下は二人子どもがいるため、自宅より落ち着けるのも理由の一つです。

漢字の復習

昨日のブログにも書きましたが、今は学校の復習を大切にしています。

ただし、小四のときの、理科、社会、そして漢字が頭にまるで入っていないため、並行して小四の学習もしています。今日は小四で習う漢字の書き取りをしました。

成長はしているものの

かつて、長男が一番苦手にしていたのが漢字でした。小学校に入学したとき、他の子が読める字が読めない。ひらがなもカタカナも。ましてや漢字なんて。

それを思うと、小五の今、ずいぶん成長したと思います。

ただ、小四の漢字ドリルを買って、カフェでやってもらったところ、60点。これが現実です。長男も少しショックを受けていました。

書き順にこだわってみる

間違っていた漢字を再度書き取らせてみると、書き順がメチャクチャ。私はあまり書き順を気にしませんが、正しい書き順にすることで覚えやすくなるのも確かです。

そこで、これからしばらくは漢字の書き順、丁寧さに力をいれてみよう、という話をしました。

クセがないことの良し悪し

長男に正しい書き順を教えると、意外にもすぐ修正できます。「なんだ、初めからできるんだ」と思ったのですが、クセがないということは、言い換えれば、漢字を書く機会がとても少ないということ。

彼はマンガを描くのが好きですが、台詞の吹き出しを見ると、簡単な漢字でもひらがなを使うことが多いのです。

高学年になると、ひらがなは格好悪い、漢字を入れると格好いい。そんな気持ちが芽生えてくるものですが、まだそうは思えない様子。ひらがなのほうが楽と感じるのでしょう。

ていねいに見ていく

マンガくらい好きに描かせてあげたい。そうなると、やはり勉強で漢字をしっかりやっていくしかありません。

書き順。とめはね。字形のバランス。

親の私自身が意義を感じていないため、ついおろそかになってしまいがちな部分を、しばらく一緒にやっていくことになりました。

そして、上手な字がかけたときにはしっかり褒めることが大切ですよね。「漢字が書ける俺は格好いい」。そう思えるように寄り添っていきたいと思います。

学習記録 小五カテゴリの最新記事