四谷大塚の全国統一小学生テストの返却面談

四谷大塚の全国統一小学生テストの返却面談

先日長男が受けた、全国統一小学生テストの返却面談に行ってきました。

※全国統一小学生テストについて書いた記事はこちら。

四谷大塚の全国統一小学生テスト。小学3年生の息子が初めて受験した感想。

このテストは四谷大塚の営業活動を兼ねていて、面談を受けないと結果がわからない仕組みになっています。

無料なので仕方ないかなと思いますし、事前に調べた限りでは、強引に入塾を勧められるわけでもないようだったので、気楽な気持ちで臨みました。

まあ、予想される長男の成績だと、それほど勧誘もされないかな、と(笑)。

全国で真ん中よりちょっと下

教室に到着すると、年配の男性(おそらく先生)がていねいに出迎えてくれ、かなり細かい結果シートを使って説明をしてくれました。

国語、算数、それぞれの点数や全国順位はもちろんのこと、都道府県別の順位や各問題の正答率との比較。難易度別に並び替えたときの状態、などなど。

データ好きの父(私)は思わず興奮。おもしろかったです(笑)。

 

長男にとってははじめての郊外模試。しかもマークシート。果たしてどうかなと思っていました。

テストのあとに見直しをしていたので、大体半分くらいの点数だろうとは予想がついてきました。国語、算数それぞれ150点満点で、どちらも70-80点くらいだろうと。

 

結果は予想通り。国語は長男の自己申告より少し悪かったですが、算数はほぼ半分くらいでした。

その結果、全国平均よりも少し落ちる順位。まあ初めてですし、こんなものでしょう。

得意、不得意がはっきりと

面談してくれた先生が開口一番「得意、不得意がとてもはっきり出ていますね」と。国語、算数、それぞれ平均と比較したレーダーチャートが用意されていたのですが、見事なくらい尖っていました。

平均よりずいぶん高いもの。逆にほぼゼロなもの。国語も算数もそうでした。

 

凸凹の差が大きいというのは、ADHDである長男のすべてにおいて言えることですが、やっぱり勉強でも同じなんだな、と改めて感じました。

 

「まあ初めてのテストですから、この結果はまったく気にする必要はないですよ。これまで塾に通っていなかったですから」と先生のお話。

テストの成績がトップの子たち(偏差値75)は、ほぼ全員通塾生とのこと。小3の今は学習習慣がついていることが何より重要で、学習習慣さえついていれば、これからどうにでもなるそうです。

中学受験は必ずするべき?

予想通り、入塾を勧められることはまったくなく。

ただ、「中学受験は必ずするべきです」とはっきり言われました。これが遠回しの営業トークなのかもしれませんね。

なぜ中学受験するべきなのか。2つの話がありました。すべて東京都の話なので、他県の方はあまり参考にならないかもしれません。

中学受験をしなくても、結局高校受験のために塾に通うことになる

東京都の高校は難関大学進学を目指す上位校とそれ以外にはっきりとわかれてしまうそう。そしてこの上位校に入るためには、公立中学校の勉強ではまったく歯が立たないということでした。

これらの上位校は公私に限らず独自問題で入試をおこなうので、専用の学習をしないと絶対に無理。したがって中学時代が塾漬けになることを覚悟しないといけない。

大学の入試制度が大きくかわり、普通の公立校では対応ができない

2021年の入試からセンター試験から「大学入学共通テスト」と呼ばれるものに切り替わり、さら2024年度から、英語の入試が民間委託に完全に切り替わる予定です。

このような大きな変化に、普通の公立校はしばらく対応できないだろうということでした。

冬期講習に行かせるか迷う

残りの話のほとんどは、都内の中学校の評判と実情の説明。たとえば国立校は勧めない、高校進学時に内申点をベースに足切りがあるので、など知らないことをたくさん教えてもらい、とても有意義な時間でした。

結局最後まで勧誘らしいものはなく、ご興味があれば冬期講習に参加してみたらいかがでしょう?というくらい。

 

この冬期講習というのがまたよく考えられていて、11月の中旬から12月の終わりまで、毎週土曜日にあるのですが、全部で12000円とかなり安い値段に設定されています。

この値段なら受けてみるか、、、と思う家庭もあるかもしれませんね。はい、うちのことです(笑)。

 

過去に何度か書いている通り、ADHDの長男は、塾は正直厳しいと思います。

ただ、あくまで学校での様子を見て、親がそう思っているだけで、塾の授業はきちんと聞けるかもしれない。

一度くらいは試してみてもいいかも、と思っているのです。

 

長男に聞いてみると、「うーん、どうしようかなあ」とあいまいな返事。まあ本人の意志に任せようと思います。

 

しかし冬期講習だけとはいえ、塾に通うようになったら、このブログのタイトル変えないといけないな、、、。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

学習環境カテゴリの最新記事